日本人ライブディーラーゲーム

英語が苦手で今までライブディーラーカジノを敬遠していたというプレイヤーも少なくないことでしょう。そんなあなたに朗報です!オンラインカジノにはなんと、日本人ライブディーラーによるテーブルゲームが存在するのです。そもそもラスベガスでもマカオでも日本語が話せるテーブルゲームのディーラーは稀。こんなサービスが提供できるのは、やはり小回りのきくオンラインカジノならではです。それでは、どういったものなのか詳しく見ていきましょう。

日本人ディーラーによるライブカジノ


ボーナス
利点
  • 最大 ¥150,000
  • Book of Deadフリースピン10回
  • 日本円でプレイ可能
  • 豊富なプロモーション
  • 4ゲーム同時プレイ可能
カード JCB ecoPayz Venus Point iWallet AstroPay MuchBetter
  • 合計3回にわたる3.2%リベート
  • フリースピンなし
  • ユニークなキャッシュバックシステム
  • カジノとスポーツベット
  • テーブルゲーム/スロットトーナメント
銀行振込 MasterCard JCB ecoPayz Venus Point MuchBetter SticPay
  • 最大 $999
  • フリースピンなし
  • 独特のテーマ
  • 豊富なライブカジノプロバイダー
  • お得なVIPプログラム
カード JCB ecoPayz Venus Point iWallet
  • 最大 $900
  • フリースピン90回
  • 大きなウェルカムボーナス
  • バラエティーに富むライブゲーム
  • 豊富なプロモとトーナメント
カード ecoPayz Venus Point iWallet
  • 最大 ¥50000
  • フリースピン180回
  • 日本円と仮想通貨でプレイ可能
  • 豊富なボーナスとプロモ
  • 高速出金
VISA ecoPayz Venus Point iWallet AstroPay Bitcoin 複数の仮想通貨

ジャパニーズルーレット

今のところ、唯一の日本人ライブディーラーゲームがEvolution Gaming社のJapanese Rouletteです。女性・男性ともに複数の日本人ディーラーが待機しており、日本語でライブルーレットを進行してくれます。もちろん日本語でチャットすることも可能で、あまりに忙しくないかぎりディーラーが生の日本語で返答してくれることも!

Evolution Gaming日本人ライブディーラーゲーム


また、Japanese Rouletteと銘打ってはいるものの、ゲーム自体はシングル0でさらにベッティングボードにレーストラックを装備したフレンチルーレット仕様なのもファンには嬉しいかぎりです。そしてゲーム画面も可能なかぎり日本語化されているので困ることはありません。

ライブカジノプロバイダー最大手のEvolution Gaming社が提供しているテーブルなので多くのオンラインカジノでプレイすることができますが、欲を言えばゲーム名が統一されていないのが不満点でしょうか?カジノロビーによってJapanese Rouletteだったりジャパニーズルーレットであったり、はたまたライブルーレットジャパンと表記されていることもあり、ライブテーブルが多いカジノでは探し出すのに少し苦労するかもしれません。また、日本人プレイヤーが少ない日本時間5時~13時の間は休止していることが多いようです。

上記のとおり、テーブル名が統一されていないせいかゲーム名検索ができないオンラインカジノがほとんどのようです。まずはライブカジノロビーを開き、スクロールしながら「日の丸」の目印を探し当てるのが一番手っ取り早いようです。

ゲームプロバイダー

現在はオンラインカジノごとに複数のゲーム(ソフトウェア)プロバイダーと提携するという方式が主流です。前述のとおり、今のところ日本人ライブディーラーテーブルを提供しているプロバイダーはEvolution Gamingだけです。

Evolution Gamingもまた、自前のカジノをもたない純粋なゲームプロバイダーなのでジャパニーズルーレットはLeoVegasRoyal PandaCasumoなど、当サイトでも紹介している多くのカジノでプレイすることができます(ただしEvolution Gamingと提携しているカジノだからといって必ずしも日本人ライブディーラーテーブルを置いているわけではないので、ライブカジノロビーを探しても見つからない場合は他のカジノを当たることになります)。

いずれにしても、まだ登場してから日が浅い日本人ライブディーラーテーブル。人気が高まればバカラやブラックジャック、さらにEvolution Gaming以外のプロバイダーにも広がっていくとみられ、期待してみたいところです。