ライブディーラーブラックジャック

ライブディーラーのカジノゲームがますます普及するにつれ、プレイヤーの要望もあってオンラインカジノは自然とそのようなサービスの提供を広げてきました。複数のプロバイダーがこの種のゲームを専門に取り扱っており、日本のプレイヤーにも多くの選択肢があります。ライブディーラーブラックジャックは中でも大人気のライブテーブルゲームで、さまざまなバリエーションとベット限度額があるので誰もが楽しむことができます。

おすすめのライブブラックジャックカジノ


ボーナス
利点
  • 最大 ¥150,000
  • Book of Deadフリースピン10回
  • 日本円でプレイ可能
  • 豊富なプロモーション
  • 4ゲーム同時プレイ可能
カード JCB ecoPayz Venus Point iWallet AstroPay MuchBetter
  • 合計3回にわたる3.2%リベート
  • フリースピンなし
  • ユニークなキャッシュバックシステム
  • カジノとスポーツベット
  • テーブルゲーム/スロットトーナメント
銀行振込 MasterCard JCB ecoPayz Venus Point MuchBetter SticPay
  • 最大 $999
  • フリースピンなし
  • 独特のテーマ
  • 豊富なライブカジノプロバイダー
  • お得なVIPプログラム
カード JCB ecoPayz Venus Point iWallet
  • 最大 $900
  • フリースピン90回
  • 大きなウェルカムボーナス
  • バラエティーに富むライブゲーム
  • 豊富なプロモとトーナメント
カード ecoPayz Venus Point iWallet
  • 最大 ¥50000
  • フリースピン180回
  • 日本円と仮想通貨でプレイ可能
  • 豊富なボーナスとプロモ
  • 高速出金
VISA ecoPayz Venus Point iWallet AstroPay Bitcoin 複数の仮想通貨

オンラインライブブラックジャックの主な機能

日本のプレイヤーは、いろいろなバリエーションのライブブラックジャックがプレイできます。最も一般的なものは次のとおりです。

  • クラシックブラックジャック: 定番のライブブラックジャックゲームで、7人のプレイヤーが一度に座れます。テーブルによってさまざまなベット限度額がありますが、ピーク時には席を見つけるのが難しいことがあります。
  • コモンドローブラックジャック: テンポが非常に早いブラックジャックのバリエーションです。同じテーブルに座ったプレイヤーは全員、同じカードを共有します。普通のテーブルに空席がないなど、ブラックジャックのアクションに飢えている時に便利です。
  • ペアプラス: 一般的なサイドベットで、ペアができるかに賭けることができます。最近はほとんどのライブブラックジャックゲームでこのようなサイドベットを提供するようになりました。

その他に注目すべき点がいくつかあります。一部のライブブラックジャックのバリエーションでは異なる組数のデッキを使用しています(たいていは6~8組のデッキです)。ラスベガスルールに対して標準ヨーロピアンルールを提供するテーブルもあり、スプリットやダブルダウンのルールがそれぞれ異なります。そして繰り返しになりますが、各ブラックジャックテーブルではそれぞれ異なるベット限度額が設定されています。ハイローラーやVIPテーブルでは、標準的なクラシックブラックジャックライブディーラーテーブルよりもはるかに高いベット限度額が設定されています。

Evolution Gamingライブディーラーブラックジャック


ライブブラックジャックの詳細

それぞれの主要バリエーションをもう少し詳しく見ていきましょう。

クラシックブラックジャック

上記のとおり、これは日本語対応のオンラインカジノにある定番のライブブラックジャックゲームです。テーブルにつき通常は7席で、ピーク時には席を確保することが難しくなります。ここでは標準的なブラックジャックルールでプレイを行います。ディーラーが最初に引くカードの数(1枚または2枚)は、テーブルがヨーロピアンルール(1枚)またはベガスルール(2枚)のどちらを採用しているかにより異なります。

このゲームでは、プレイヤーはスタンドまたはヒットしたり、インシュランスベットを賭けたり、スプリットまたはダブルダウンをしたりすることができます。ハンドが21を超えると「バスト」で、プレイヤーはベットを失います。クラシックブラックジャック(または、7席ブラックジャック、あるいは多くのカジノではただ単にブラックジャック)では、ペアプラスと21+3のサイドベットができることが多いです。

コモンドローブラックジャック

コモンドローブラックジャックで配られる 「プレイヤー」ハンドは1組だけです。このライブディーラーブラックジャックゲームはすべてのプレイヤーが1つのハンドに賭けることがその名前の由来です。クラシックブラックジャックと異なる点は次のとおりです。

  • ハンドがスプリットされた場合、同意してベットを2倍にするか、フォールドして(降りて)元の賭金の半額が返金されることを選択できます。
  • ディーラーはハンドの開始時にブラックジャックを確認しません。
  • 複数の「プレイヤーポジション」、または「可能なアクション」があり、どのオプションにするかを他のプレイヤー同様、選ぶことができます。

モバイルゲームプレイ: ライブブラックジャックとその他のゲームは、モバイルやタブレットでもプレイできます。ウェブブラウザでお好みのオンラインカジノにアクセスするのと同じように、アカウントにログインしてゲームを起動するだけです。ライブディーラーのゲームでも同じように機能します。カジノアプリは必要ありませんが、一部のサイトではオプションとして提供しています。


おすすめ: Live Casino House

Live Casino House

ライブディーラーカジノに興味があるなら、Live Casino Houseがおすすめです。Evolution GamingやEzugiなどが提供する日本語でもプレイ可能なライブゲームは、アジア各地の有名カジノやスタジオからストリーミングされています。アジアのエキゾチックな雰囲気が好きな方はAsia Gaming(AG)が提供するカジノゲームにも注目です。そしてもちろんスロットゲーム専用のセクションも用意されています。




ライブブラックジャックのテーブル機能

ライブブラックジャックには他にも機能かあります。どんなものがあるか見てみましょう。

マルチテーブルブラックジャック

一部のライブディーラーテーブルでは一度に複数のテーブルに賭けることができます。マルチテーブルブラックジャックゲームとして知られているものです。分割画面で表示され、一度に4テーブルまで同時にプレイできるものが多いです。

サイドベット

  • ペアプラス: ペアプラスサイドベットでは、ゲーム自体の結果とは別にプレイヤーが自分のハンドがペアになるということにオプションで賭けることができます。ペアができると、ハンドが勝っても負けても賞金が払われます。獲得できる賞金はできたペアにより異なります。また、ゲームによっても異なります。
  • 21+3ベット: 21+3ベットはペアプラスに似ていますが、3枚のカードに賭けます。3枚のカードとは、プレイヤー最初の2枚のカードと、ディーラーの表向きのカードのことです。この3枚でポーカーハンド(例えば3カード、フラッシュ、ストレート)ができると、21+3の配当表による賞金を獲得できます。
  • ベットビハインド: これも人気のサイドベットで、他のプレイヤーのハンドへの賭けです。原則的に、特定のプレイヤーのハンドがディーラーのハンドに勝つことに賭けます。自身のプレイほど刺激的ではありませんが、席が空くまでの時間つぶしなどに使えます。

ライブディーラーブラックジャックのRTP

さまざまなバリエーションがあるため、ライブブラックジャックゲームのRTPには注意した方がいいかもしれません。RTPは「プレイヤーへの還元率」のことで、パーセンテージで表示されます。このパーセンテージは、プレイヤーが長期間にわたってプレイし続けて払い戻される割合です。何十万ハンドとプレイしたとして、この数字に落ち着きます。

標準的なクラシックライブブラックジャックのプレイヤーへの還元率は99.50%で、間違いなくすべてのカジノゲームの中で最高のRTPを誇ります。RTP率はハウスエッジと反比例します。

オンラインライブブラックジャックの動画例


オンラインブラックジャックをプレイ – オンラインカジノアカウントへの入金方法

決済方法

日本語対応のオンラインカジノでライブブラックジャックをプレイするには、アカウントに入金する必要があります。ライブディーラーゲームは通常のゲームと異なり、デモモードで無料プレイすることはできません。

リアルマネーのカジノアカウントに入金するには、いくつかの選択肢があります。日本で人気の入金方法には、iWalletecoPayzVenus PointVISAなどがあります。もっとも早い送金にはe-walletsをおすすめします。

多くのオンラインカジノでは日本円でプレイができず、米ドル(USD)がアカウントの基本通貨となっています。ただしRoyal Pandaカジノのような例外もあり、ここでは入金と出金を日本円で行うことができます。基本通貨が米ドル(USD)のアカウントに他の通貨で入金すると、通貨は自動的に変換されます。

ライブカジノゲームはデモ(無料)モードでは利用できないことにご注意ください。カジノアカウントにログインした時にテーブルで実施中のゲームを見ることはできます。ただし、実際にプレイするとなるとリアルマネーモードでしかできません。

ライブブラックジャックボーナス

カジノボーナス

一般的に、ライブカジノボーナスまたはテーブルゲームボーナスは、そう簡単に見かけることはありませんが、見つけるのが不可能というわけではありません。多くの場合、標準的なオンラインカジノボーナスをもらってライブディーラーゲームをプレイするメリットはほとんどありません。賭け条件の達成には、ほぼ考慮されることはありません。プレイヤーはむしろ、ライブディーラーゲームに関連する特定のボーナスを探すべきでしょう。

ライブディーラーゲームを専門とするカジノでプレイする場合、またはライブディーラーセクションを特別に設けているようなカジノでは、そのようなゲームに適したボーナスを用意していることもあります。

これらはウェルカムボーナスや、ライブディーラーゲームをプレイした際の特別なキャッシュバック特典などです。前者は平均的なカジノウェルカムボーナスとほぼ同価であることが多く、初回入金の際に提供されます。キャッシュバックボーナスは、10%~20%前後のことが多く、通常、ライブカジノゲームのプレイでの損失額に基づきます。

カジノボーナスを入手する前にはボーナス利用規約を読むことをおすすめします。ボーナスでライブゲームをプレイすることが許可されているかどうか、賭け条件を満たすかどうかも確認しましょう。カジノがライブディーラーゲームの特別ボーナスを提供する場合は、このオンラインカジノレビューでお知らせします。

ブラックジャックの歴史: 常に進化するカードゲーム

他のカードゲーム同様、ブラックジャックの確かな起源ははっきりしません。ブラックジャック(フランス語でヴァンテアン、または21)はフランスのシュマン ド フェール(バカラ)から分離したゲームだという話が一番信憑性が高いとされています。ただし、ほぼ同時期にスペイン人も 「1と30」と呼ばれるゲームを創り出しました。こちらは同じようなルールでしたが、21ではなく31を作るというものでした。他にはローマが起源という説もあります。

ライブディーラーブラックジャック

本当の起源がどうであれ、今日の現代的な形態はネバダ州のカジノがルールの改変を重ねてでき上がりました。スペードかクラブのJとスペードのAの組み合わせをブラックジャックと名付け、普通の 「21」より大きな配当にしました。これはカジノのハウスエッジを上げるために考案されました。ゲームの人気が高まるにつれ、この 「ブラックジャック」ルールは今一度外されましたが、ゲームの名前はそのまま残りました。今日、このカードゲームは多様な進化を遂げ、世界中のカジノ、オンライン、モバイル、ライブディーラーカジノへと広がりました。